キャンパスプロファイル 公認心理師教育推進室 伊藤 匡 准教授

放送大学の様々な情報を映像でお届けする「放送大学キャンパスガイド」では、「キャンパスプロファイル」として専任教員を紹介しています。

キャンパスガイド2022年2月号②では、公認心理師教育推進室の伊藤匡准教授を紹介。 専門は臨床心理学。伊藤先生は、これまで病院や療育機関などで発達障害や摂食障害などの子どもたち、そして思春期の子どもたちを対象に臨床実践を行ってきました。
今回は、先生が心理学の道を進むこととなったきっかけや、先生の心理学についての考え方についてお話を伺いました。

まず、心理職を育成するためのカリキュラム作成の様子を見せていただきました。
公認心理師の資格取得を目指すのは、企業で働いている人事担当の方や福祉職の方など、心理以外の分野で働かれている方が多いと言います。いずれも「心理の要素が大切」と考え、公認心理師を目指すすべての方へ力添えをしていきたいと先生は話します。

次に、趣味について紹介をしていただきます。
先生の趣味は音楽。心理学との出会いも、音楽がきっかけであったと言います。また、先生の第二の職場である病棟のイベントでライブを企画したり、思春期の子どもたちとのコミュニケーションツールにも音楽を取り入れたりしているそうです。

伊藤先生が今心がけていることは、「多職種連携」という考え方です。子どもたちの治療にあたり、医師や看護師など、様々なスタッフが連携を密にし、それぞれの見方を共有することで、治療が効果的になると先生は話します。

最後に、本学で学びたい人たちへのメッセージとして、「人は何か芸を一つ身につけておくと、人生を楽しく過ごせるだけではなく、つらいときに励まされたり、人を助けたり、色々なことに役に立ちます。みなさんも好きなことを見つけて追求していってください」と語りました。

本編は放送大学YouTubeチャンネルでご覧頂けます。⇒ https://youtu.be/dDhDwLwgWAU?t=1059

公開日 2022-04-18  最終更新日 2022-06-10

関連記事
インターネットで
資料請求も出願もできます!