キャンパスプロファイル 生活と福祉コース 井出 訓 教授

放送大学の様々な情報を映像でお届けする「放送大学キャンパスガイド」では、「キャンパスプロファイル」として専任教員を紹介しています。

キャンパスガイド2022年1月号②では、生活と福祉コース井出訓教授を紹介。
専門は老年看護学。高齢者に伴う問題やケアのあり方について研究を行い、近年は認知症になっても安心して暮らせるまちづくりにも取り組んでいます。先生が主任講師を務めるテレビ科目「認知症と生きる(’21)」では、認知症をやみくもに恐れるのではなく、ともに生きるための基本知識を学び理解を深めます。
今回は、井出先生が生活研究の拠点にしている北海道で、自ら設立したNPO法人での認知症をめぐる先駆的な取り組みや、休日の過ごし方などを紹介していただきます。

先生は、2011年に北海道で認知症の当事者とその支援者が一緒に走るイベント「RUN伴」を立ち上げました。この土台となったのが、2007年に設立したNPO法人フレンドシップクラブです。水泳や音楽、そして野球など、認知症の人々と同じ趣味を一緒に楽しみながらお互いの理解を深めようという試みです。このような活動を通して、地域全体が認知症を受入れ、認知症になっても安心して暮らせるまちを増やしていきたいと先生は語ります。

先生の趣味は、学生時代に始めたオフロードバイクです。
山の中の林道や川沿いの道など、北海道の大地を休日に走っているそうです。バイクは、自分の足では行けないようなところに連れて行ってくれたり、自分の力では見られない風景を見せてくれたりするから楽しいと言います。

最後に、本学で学びたい人たちへのメッセージとして、「日常の様々なことに幅広く注意を向けて、そこから貪欲にいろいろなものを吸収する学習を続けていただければと思います」と語りました。

本編は放送大学YouTubeチャンネルでご覧頂けます。⇒ https://youtu.be/zVRILJdgZR8?t=1051

公開日 2022-03-18  最終更新日 2022-06-10

関連記事
インターネットで
資料請求も出願もできます!