『より良い思考の技法(’23)』 (放送授業・テレビ科目)

担当講師:菊池 聡
(信州大学教授・放送大学客員教授)

<推薦者のコメント>中橋 徹さん(全科履修生)

より良い思考の技法 -クリティカル・シンキングへの招待-(放送授業科目)
私は小学生の頃から親から「理屈っぽい!」とよく言われてきました。何かで母に叱られても必ず反論する内容を見つけ、単純に謝ることはしない子どもでした。勿論悪いことをした時には謝りますが(笑)。そのため何度も「理屈っぽい!」と言われたわけです。「より良い思考の技法」は私のような「理屈っぽい!」人には大変うってつけの内容です。科目内容も確かに[理屈っぽい]=[論理的]ですが、そうでない方々にも非常に役に立つ内容です。例えば詐欺にかかりにくくなるとか粗悪品をつかまされにくくなるとか。

私の1例をあげます。皆さんある一流メーカーの初期の掃除機のコマーシャルをご存じですか?「吸引力が永久に変わらない」といったものでした。多くの世の方々はこれに飛びつき一時、このメーカーのブームが起きましたね。でも私は「このCM、吸引力が強いとは言ってないよね。吸引力が最初から弱かったら永久に弱いってことだよね。」と即座に思いました。

この科目ではこのような批判的な思考力を養ってくれる非常に生活に役立ち大変楽しい科目です。皆さんもぜひこの科目の面白さのとりこになってください。


<菊池先生からのコメント>

おすすめ科目へのご推薦をありがとうございます。

大学ではさまざまな専門の学問を探求して行きますが、この科目はそうした多様な知的な営みに共通する「考える」ための技法(クリティカル・シンキング)を体系的に身につけることを意図しました。この汎用的な思考の技法によって、情報を受動的に鵜呑みにせず、偏見を持たずに、注意深く懐疑的に吟味・評価する力を発揮できるようになります。これは、もちろん学問に限らず、私たちの日常生活での重要な判断や意思決定についてとても役に立つ思考法です。コメントいただいた人を惑わせる広告はもちろんのこと、ネット情報との適切な付き合い方や効果的な防災減災など、さまざまな場面で活かしてください。

この科目では、クリティカルシンキングを身近に感じていただくために、映像制作スタッフの皆さんが、さまざまな工夫をこらした番組に作り込んでいただきました。楽しみながら、いつの間にか考える力を身につけていただけるものと思います。

この科目を足がかかりに、さらに広く深い学問の世界に分け入ってください。



私の“おすすめ”科目は、下記の投稿フォームから応募を受け付けています。
皆様のご応募をお待ちしております。


公開日 2024-05-28  最終更新日 2024-05-28

関連記事
インターネットで
資料請求も出願もできます!